Environment

豊富な種類

防犯カメラの構成などについて

防犯カメラは録画装置(複数に渡る場合もある)やカメラで構成されます。SECOMなどのカメラ監視サービスもあります。価格は何万円程度になるようです。アマゾン、楽天といったメジャーな全般通販サイトや専門のインターネットショップで防犯カメラを購入することができます。ダミーカメラというものもありますが専門家の目から見ればすぐにわかってしまうため絶対にやめましょう。敷地内に忍びこむ不審者をすばやく検出して撮影するセンサータイプの防犯カメラから、画質の非常に綺麗な高画質デジタル映像を録画できるタイプなど様々なタイプがあります。個人か法人によって設置場所によっても異なりますので注意が必要となります。ネットワーク監視カメラと呼ばれる物や国土交通相が河川に設置している専用回線を使ったカメラもあります。

カメラの詳細について

防犯カメラを長期使用すると劣化してきたりしますので好感が必要になる場合もあります。カメラやレコーダーへの不正アクセスがある時代ですので注意が必要です。パスワードを厳重に管理することや簡単なものにしないことがポイントとなります。全方位カメラや広角撮影が可能な防犯カメラもありますので是非検討したいところです。カメラやレコーダーは常に新しくなっていますので、古い物を使い続けるのではなく新しいものを時期によっては検討することも必要となります。無線で防犯を行うカメラ、有線で防犯を行うカメラがありますが、無線タイプだと設置が楽になります。防犯カメラには車に搭載される車載カメラもあります。外国ではカメラをつける傾向にある場所もあるようです。